お風呂でむくみ体質とオサラバ!むくみに効果的な入浴法って?|オススメのむくみ解消サプリをご紹介

むくみ解消サプリ総合ランキング

お風呂でむくみ体質とオサラバ!むくみに効果的な入浴法って?

むくみ解消法には、サプリメントなど、さまざまな方法があります。サプリメントにはむくみに効果的な成分が含まれており、むくみ解消に効果をもたらします。こうしたサプリメントは、容易に摂取できることから多くの人に愛用されています。ただ、サプリメントだけではむくみを完全に解消することはできません。 そこでおすすめなのが、入浴です。実は、むくみは冷え症とも深く関係しており、入浴で身体を温めて冷え症を改善することは、むくみの予防・改善にもつながるのです。 とはいえ、ただ単に入浴すればいいというわけではありません。たとえばシャワーだけの入浴の場合、身体を温めるどころか逆に湯冷めしやすく、身体が冷えがちです。その結果、むくみの予防・改善にはつながりません。かといって、いきなり熱い湯船に浸かるのもNGです。皮膚表面しか温まらず、これもまた湯冷めしやすい状態となってしまいます。 では、身体の芯から温まり、むくみを予防・改善するには、一体どのような入浴法が良いのでしょうか。今回は、むくみ、そして冷え症にも効果的な入浴法についてご紹介します。

■むくみの予防・改善に効果的なお湯の温度

むくみを解消するにはサプリメントを飲むだけでなく、「冷えを改善すること」も大切です。そのため、入浴でむくみの予防・改善を図る際には、湯船の温度を身体が芯から温まる温度に設定する必要があります。
一般的に、「お湯の温度が高ければ高いほど、身体は温まる」といったイメージを持つ方も少なくありません。しかし、これは大きな間違いです。お湯の温度が高過ぎると、長時間湯船に浸かるのが億劫となります。その結果、身体の皮膚表面のみしか温まらず、風呂場から出たときに湯冷めしやすくなってしまいます。
身体を芯から温めるには、36度~38度の温度設定が理想的です。ぬるいと感じる方もいるかもしれませんが、この温度設定であれば長時間湯船に浸かっても苦になりません。

■むくみの予防・改善に効果的なお湯の浸かり方

身体を芯から温めるには、お湯の浸かり方にもこだわりましょう。最初はふくらはぎまで、ふくらはぎが温まったら太もも、太ももまで温まったら腰、腰が温まったら胸下まで……というように、血行が悪くなりがちな下半身から順番に温まっていきましょう。
とはいえ、この入浴法はそこそこの時間が掛かってしまうため、時間に余裕のある休日前の入浴で行うのが理想的。平日は、上半身だけを湯船から出す「半身浴」で身体を温めましょう。15分から20分で、大量の汗が吹き出てくるはずです。

■より身体が温まるアイテムを使ってみよう

むくみの予防・改善に効果的な入浴法では、保温力を高めてくれるアイテムを使うのもおすすめです。
たとえば、「みかんの皮」や「柚子の皮」。みかんの皮や柚子の皮には保温作用があり、より効果的に身体を温めることができます。
また、「お酢」や「お酒」もおすすめ。このふたつには、身体を温める効果があるのはもちろん、毛穴を広げて余分な脂肪や老廃物を排除するという新陳代謝を高める効果もあります。
なお、こういった保温力を高めるアイテムを入浴に使用すれば、普通に入浴するときよりも発汗が促進されます。このときに出る汗には、冷えと並んでむくみの原因となる老廃物が沢山含まれており、より効果的なむくみの予防・改善につながるのです。

いかがでしたでしょうか。入浴法にこだわれば、「冷え症」「老廃物」といった、むくみの原因物質となるふたつを効果的に取り除くことが可能です。サプリメントの効果もより高まること間違いなし。むくみ体質にお悩みの方は、むくみに効果的なサプリメントと共にぜひ今回ご紹介した入浴法もお試しください。

商品ランキング

カテゴリ別ランキング

コラム

コラム一覧はこちら