むくみ顔の原因は肩こり?むくみと肩こりの関係|オススメのむくみ解消サプリをご紹介

むくみ解消サプリ総合ランキング

むくみ顔の原因は肩こり?むくみと肩こりの関係

多くの女性を悩ませる肩こりは、むくみの原因のひとつでもあります。そんな肩こりを放っておくと顔周辺のリンパや血液は停滞しがちになり、むくみ顔を引き起こしてしまうのです。 今回は、むくみと肩こりの関係についてご紹介しましょう。

■そもそも、肩こりとは?

肩こりは、首の後部から肩や背中にかけて通っている筋肉の疲労や緊張によって引き起こされます。
筋肉が疲労・緊張すると血流が悪化し、老廃物が肩に蓄積されます。その老廃物が末梢神経を刺激することで、肩こり特有のあの痛みが起こってしまうのです。

■肩こりは男性よりも女性に多い

肩こりは、男性よりも女性に多くみられる症状です。厚生労働省の調査でも、肩こりは女性の有訴者率のトップにランクインする症状となっています。
肩こりが男性よりも女性に多くみられるのには、以下のような理由があります。

・筋肉量の問題
女性は、男性よりも筋力の少ない生き物です。それは首や肩も同様で、男性よりも少ない筋力で日々頭を支えています。そのため、女性の首や肩の筋肉は緊張して硬くなりがちです。硬くなった筋肉は血管を圧迫し、血液の流れを悪化。そのため、疲労物質が蓄積されやすい状態になります。

・冷え症の問題
女性に多い冷え症も肩こりの原因となります。肩や首の血流を悪化させ、肩こりを引き起こします。

・バストの問題
バストの重みは、肩に負担をかけることから肩こりの原因となります。サイズの合わないブラジャーなども肩こりを引き起こす原因のひとつです。

・首の問題
一般的に、女性の首はストレートネックと呼ばれる真っ直ぐな形状となっています。ストレートネックはカーブしている首よりも肩に負担が掛かりやすく、肩こりの原因となります。

このように、女性は男性よりも肩こりを引き起こしやすい体質です。
だからといって、「体質的な原因があるなら仕方ない……」と肩こりを放置するのは禁物。
肩こりを放っておくと、顔のむくみという新たな問題が浮上してしまうからです。

■むくみと肩こりの関係

首や肩には、僧房筋や肩甲挙筋、胸鎖乳突筋や菱形筋といった血液やリンパの流れに関与する重要な筋肉が存在します。それらが肩こりによって凝り固まってしまうと、通常は顔から首、首から肩に流れていくはずの血液やリンパ液、水分や老廃物などが顔に停滞し、むくみを引き起こしてしまいます。

そして、肩こりによる顔のむくみは、そう簡単に改善できないのが特徴です。
一般的な顔のむくみは、リンパ節のマッサージなどで改善することができます。しかし、肩こりによる顔のむくみでは原因が肩にあるため、肩の問題を改善しないことにはいくら顔をマッサージをしても血液やリンパ液、水分や老廃物などが肩から上に停滞したままの状態となってしまいます。

■肩こりの改善がむくみ顔の改善に繋がる

「いくらリンパマッサージをしても顔のむくみが治らない」
このような方は、肩こりによってむくみを引き起こしている可能性があります。そのため、顔のむくみを改善する前に、肩こりの改善を行ってみるとよいでしょう。
主な肩こりの改善法としては、運動、生活習慣、姿勢の3つがあげられます。

・運動
運動には血流を促進させたり、普段使わない筋肉を動かしてほぐすというメリットがあります。肩回しなどの肩を使った簡単な運動を行って、肩こりの予防・改善につなげましょう。

・生活習慣
「いつも鞄を同じ肩にかける」
「寝転びながらテレビを見る」
「脚を組む」
このような生活習慣の癖は、知らないうちに肩の負担となっているもの。
意識して癖を改善すれば、肩こりの予防・改善に繋がります。

・姿勢
腰や胸の突き出し姿勢や猫背……悪い姿勢は筋肉の硬直を引き起こし、血流を悪化させます。肩こりや顔のむくみはもちろん、脚のむくみや肥満などの原因にもなるため、正しい姿勢に改善するようにしましょう。
とはいえ、悪い姿勢の方が意識して姿勢を正そうとすると逆効果になってしまうこともあります。悪い姿勢により、既に骨や骨盤が歪んでしまっている可能性もあるため、整骨院や整体、骨盤矯正などで根本的な治療を受けるのがおすすめです。


なお、肩こりを根本的に改善するには時間がかかります。よって、肩こりの改善に努めたところで、最初は顔のむくみに変化が出にくいかもしれません。
そこでおすすめなのが、サプリメントです。サプリメントの中には亜鉛やポリフェノールといったむくみに効く成分を含んだものがあり、そういったサプリメントを肩こりの改善に努めながら摂取すれば、顔のむくみにも変化が現れやすくなります。
「早く顔のむくみを解消したい!」という方は、肩こり改善のお伴にサプリメントを取り入れてみるのがおすすめです。

商品ランキング

カテゴリ別ランキング

コラム

コラム一覧はこちら