妊娠中はむくみやすくなる!妊娠中のむくみの原因とは?|オススメのむくみ解消サプリをご紹介

むくみ解消サプリ総合ランキング

妊娠中はむくみやすくなる!妊娠中のむくみの原因とは?

妊娠の症状のひとつとしてあげられるのが、むくみです。 妊娠すると、身体の中でいろいろな機能が出産に備えて変化します。普段むくみとは無縁だったという方が妊娠後にむくみやすくなるのも、その身体の変化によるものなんです。 今回は、多くの妊婦さんを悩ませる妊娠中のむくみについてご紹介します。

■妊娠中のむくみのメカニズム

妊娠するとむくみやすくなるのには、妊婦さんの体内の血液と水分のバランスが関係しています。
一般的にむくみは、塩分の摂り過ぎや運動不足などが原因で、身体の中に水分が溜まってしまうことにより引き起こされます。しかし、妊娠中のむくみは、血液量の増加が主な原因です。
妊婦さんは、自分と赤ちゃんの2人分の血液や水分を抱える必要があります。そのため、妊娠12週目頃から徐々に体内の血液量が増えていき、妊娠34週目に入る頃になると通常よりも約40%から50%も血液量がアップします。
しかし、血液量が増えるといっても、血液自体の量が増えるわけではありません。血液中の有形成分を除く「血漿」と呼ばれる液体成分が増えることで血液量が増加するのです。なお、血漿は90%以上が水分で出来ています。つまり、妊娠中は、自然と血液中の水分量が増えてしまうことからむくみを引き起こしやすくなるというわけです。
また、出産時期が近づくごとに生じる脚のむくみは、赤ちゃんの重みによって脚の付け根の血管が圧迫されることが原因です。

■すべての妊婦さんが妊娠中にむくむわけではない

妊娠中のむくみは、妊婦さんの30%にみられる症状です。そのため、妊娠したからといって、必ずしもむくみに悩まされるとは限りません。妊娠中にむくみが起こる方には体質的な特徴があり、冷え症、運動不足、高齢出産などがあげられます。これらは、身体の機能の低下を招き、スムーズな水分の排出を阻害するものです。結果、妊娠のむくみのメカニズムと結びつき、むくみを引き起こしてしまいます。

■妊娠中のむくみを解消するためには

妊娠中のむくみは、一般的なむくみと同様の方法で解決することができます。たとえば、リンパマッサージ。脚のむくみはリンパマッサージを施すことで軽減されます。また、塩分の多いものを控える、ウォーキングやヨガなどの適度な運動を行うなどが効果的です。むくみ効果のあるクッションや靴下を使用するのも良いでしょう。
ただし、妊娠中のむくみ対策では、お腹の中に赤ちゃんがいることを忘れてはなりません。過度なマッサージを受けたり、塩分を極端に控えようと食事の栄養バランスが乱れてしまえば、お腹の赤ちゃんの負担につながりかねません。激しい運動もお腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼすことがあるため、注意が必要です。

なお、姙娠中のむくみには、サプリメントもおすすめです。
サプリメントの中にはむくみ解消に役立つ成分が配合されているものもあり、食事や運動などの補助としてサプリメントを摂取することで健康なむくみ対策ができます。サプリメントなら過度なマッサージや食事制限、運動をする必要もないので、赤ちゃんに負担を掛けることなくむくみを解消することができます。
ただし、サプリメントの成分によっては、姙娠中に摂取できないものもあります。サプリメントでむくみ対策を行う際には、産婦人科の担当医にサプリメントを摂取しても大丈夫かどうかを確認するようにしましょう。サプリメントの成分などを伝えると良いでしょう。

商品ランキング

カテゴリ別ランキング

コラム

コラム一覧はこちら