今月もやってくる…生理のむくみを解消するには?|オススメのむくみ解消サプリをご紹介

むくみ解消サプリ総合ランキング

今月もやってくる…生理のむくみを解消するには?

生理前になると、お腹周りやふくらはぎがむくむ……とお悩みの女性も少なくないのではないでしょうか。毎月、生理の度にむくみに悩んだりイライラしたりするのは辛いものですよね。今回は、生理中にむくみが起こってしまう原因や、生理中のむくみを解消するために毎日できる簡単な予防法をご紹介します。

■生理中のむくみ、なぜ起こる?

女性の身体は、妊娠するために月に一度排卵を行います。子宮では妊娠できるように準備を行います。
しかし、妊娠しないまま二週間が過ぎてしまうと、そういったものは不要と判断され、子宮から排出されます。これが、生理です。
排卵から生理までのリズムは女性ホルモンによって作られます。また、生理が近くなるとプロゲステロンという女性ホルモンが活動を活性化させます。プロゲステロンは妊娠の準備を行うために体内に水分を貯めこむ働きがあるため、生理前は身体に水分が溜まってむくみやすくなってしまうのです。
生理が終わるとプロゲステロンはエストロゲンという別の女性ホルモンと交代し、身体の代謝を活発にさせます。生理後にむくみが解消されるのはこのためです。

■生理中のむくみを感じたら、気をつけたいこと

・ダイエットをしない
エネルギーを多く必要とする生理前の身体にきちんとエネルギーを与えないと、次の生理前にはむくみだけでなく生理前の諸症状が悪化してしまう可能性もあります。生理前のむくみを感じたら、ダイエットは一時中断して栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。

・甘いものやカフェインを摂り過ぎない
甘いものに含まれる糖質は、体内で代謝されるときに代謝水が作られます。この代謝水が身体の中に水分を余計に増やすことになってしまい、むくみの原因となってしまうのです。過剰な糖質は腎臓の機能にも影響し、代謝が低下して水分を身体の外に排出できなくなってしまうことも。
また、カフェインにはホルモンを刺激する作用があります。これによりホルモンバランスを崩してしまい、生理前の体調や気分に悪影響を及ぼす可能性も考えられます。コーヒーや紅茶はもちろん、エナジードリンクや栄養ドリンクなどをあまり飲みすぎないようにしましょう。カフェインは血管を収縮させる働きもあり、指先や足先の冷えにも繋がります。

・肌を冷やす
冷えがむくみの天敵であることは有名です。冷えたら暖めるというだけでなく、冷やさないことも重要です。生理前には露出の高い服を避ける、冷たい飲み物を飲みすぎないようにするなど、日頃からむくみに対して注意しましょう。

■毎日できる!生理中のむくみ予防法

・しょうが湯を飲む
しょうがは身体を暖め、余分な水分を排出してくれます。すりおろししょうが一欠に対し、200CC(カップ1杯程度)のお湯だけで作れるお手軽なむくみ予防ドリンク。飲みにくいときは、はちみつや柚子果汁、黒糖などで少し甘味をつけてみましょう。

・きちんと睡眠をとる
睡眠不足は成長ホルモンの量を減らし、身体の組織の修復を遅らせてしまいます。すると代謝が落ちてしまい。身体にたまった水分が排出されてにくくなるのです。成長ホルモンの分泌が活発になる22時~2時の間にきちんと睡眠をとるようにしましょう。

・軽い運動をする
軽い運動は血行を促進し、むくみや生理痛を和らげてくれます。それだけでなく、ストレス解消や気分転換になり、ほどよい疲れから睡眠にもつながります。ただし、身体の調子が悪いときや生理痛がひどいときは、無理に運動することはありません。しっかり身体を休めてあげましょう。

生理中のむくみを引き起こす原因は、身体の中にあるホルモンの働きによるもの。生理中や生理前の症状は人によってそれぞれ違いますから、むくみ解消も無理のない範囲で行いましょう。

商品ランキング

カテゴリ別ランキング

コラム

コラム一覧はこちら